営業時間:平日10:00-19:00 日曜:10:00-16:00 定休日:火曜・祝日

西洋医学を使った、子宮内膜症の治療方法

西洋医学の治療方法は、大きく分けて2つあります。

  • 1、薬物療法
  • 2、手術療法

薬物療法と手術療法が主で、症状、進行具合によって両方を併用することもあります。

軽症の場合の、薬物療法(西洋医学)

軽症の場合は、対処療法として痛み止めなどの薬で対応します。しかし、なかなか根本解決にはなりません

重症の場合の、薬物療法(西洋医学)

重症の場合は、内分泌療法(ホルモン剤治療)でエストロゲンを人為的に抑制し、症状の進行を遅らせたり、病巣を縮小させます。

上の治療方法では、不妊治療が進みません

これらの薬剤は、どれも子宮内膜症による痛みに対しては有効ですが、不妊治療の有用性は認められていません

また、どの薬も6ヶ月程度の治療期間が必要なため、妊娠を希望される方は、この期間不妊治療を休まなければいけないことになります。

年齢の高い方の場合は、この6ヶ月で妊娠する力が確実に落ちることになるので、治療法の選択は非常に困難です。

手術療法の場合も同様で、特にチョコレート嚢胞の場合は卵巣の一部を切り取ることになるので、その分の卵子の数が少なくなり、後に体外受精を行う場合などに影響が出てしまいます。

漢方薬は、こんな方におすすめです

  • ・不妊治療を中断せずに治療していきたい
  • ・ホルモン剤の副作用が心配
  • ・根本的に治していきたい

漢方薬なら、不妊治療を続けながら、子宮内膜症を改善へ導きます

子宮内膜症には、「漢方薬」は非常に有効です。事実、日本産婦人科学会編集の《子宮内膜症取扱い規約 治療・診療編》にも芍薬甘草湯・桂枝茯苓丸・当帰芍薬散・桃核承気湯などの方剤が挙げられています。

また、本場中国ではさらに多くの臨床例や医学文献が発表されており、上海第一医学院産科医院の邵公権らによる発表では156例の子宮内膜症患者に「疏肝活血方」、「益気活血方」、「丹参注射剤」などを症状に応じて服用させたところ、82.05%の128例に有効であった、という非常に良い臨床効果も示されています。

– 疏肝活血方:三稜・莪朮・当帰・皀角刺・香附子・柴胡・蒲黄・五霊脂など
– 益気活血方:三稜・莪朮・当帰・皀角刺・蒲黄・五霊脂・升麻・黄耆・党参など

漢方を使った、子宮内膜症の治療方法とは?

少し専門的な内容になります。ご不明なところは、当薬局までお問い合わせください。

漢方・中医学の理論から子宮内膜症の病態を考えると、発病初期はストレス等により肝気鬱結となり、この気滞から血瘀が生じる「気滞血瘀」が主な原因と考えることができます。

また、生まれつき身体が強くない腎虚体質の方、特に腎陽虚の方は簡単に寒邪の影響を受けてしまうため、寒邪の凝滞の性質により子宮・骨盤腔内の血行が不良となり子宮から経血が逆流し卵管・卵巣などに蓄積することで経血積滞瘀血となり子宮内膜症が形成されるとも考えられます。

これらの状態が長く続くと、さらに気虚や血虚などが二次病理として発生し、虚と実が混同した虚実夾雑証となります。もちろん腎陽虚に脾陽虚なども伴えば脾虚湿生で痰湿を生み、この痰湿が化火することで湿熱瘀阻となることもあります。

これらのことから考えると、治療の中心は「行気活血」で、兼証があれば「補腎」、「補気」、「補血」、「利湿」、「化痰」なども必要になってきます。

いろどり漢方薬局は、こんな特徴があります

1、何をどうすればいいのか?しっかりとご説明いたします。

どこへ行っても改善が見られないと、あきらめてしまうこともあります。まずは「良くなる」という道筋を説明いたします。

2、治療だけで終わらない、日々の生活についても、しっかりとアドバイスさせていただきます。

食生活や生活習慣、改善にはこれらがとても重要です。いろどり漢方薬局では、これらについてしっかりとアドバイスいたします。

3、元気が出ます!

いろどり漢方薬局は、あなたのお話をしっかりとお聞きします。最終的には元気になっていただけるような対応を漢方も含めていつも心がけています。

4、子宮内膜症の治療に向けて強力な味方が2人増えます!

私たちは、薬剤師として、あなたにとって役立つ専門家として、常にサポートいたします。安心してご相談ください。改善されるよう、考えて行動します。

area3_img1
秋山貴敬(あきやまたかひろ)

13450107_770520143089029_8701727691079640175_n
西村かおる(にしむらかおる)

5、最初は、5日分から少しずつも可能です。

いろどり漢方薬局は、身体的負担、精神的負担、経済的負担に合せて、5日分から少しずつ試していただけるよう、小分けにしてお出ししています。

中国で修めた漢方薬剤の治療法を、ご案内できます

いろどりの漢方薬局の代表 秋山は、上海において有名な中医のもと様々な婦人科疾患の臨床例に立ち会った知識と経験を活かし、治療にあたります。

子宮内膜症は、非常に重度の月経痛を伴うだけでなく、多くの方が不妊症を合併します

また、内服治療、外科治療ともに妊孕率(妊娠しやすさ)に影響がでるため、妊娠を希望される方にとっては、非常にやっかいな疾患です。

しかしながら、子宮内膜症が漢方・中医学的にみると“気滞血瘀”ということで、先に紹介したように、治療はこれを解消する“行気活血”が中心となります。

日本産婦人科学会編集の《子宮内膜症取扱い規約 治療・診療編》に挙げられていた「芍薬甘草湯」・「桂枝茯苓丸」・「当帰芍薬散」・「桃核承気湯」などは主に“活血”の部分のみに作用する方剤のため、このまま単独の使用ではおそらく満足な結果を得ることは難しいと思われます。

この“行気活血”を行える方剤に、非常に有名な方剤である「血府逐瘀湯」や「冠元顆粒」がありますが、どちらも保険収載されていないので、当薬局のような漢方専門の薬局でしか手に入りません

また重症の場合には、上記の2方剤だけでもパワー不足です。その場合は動物性の生薬である䗪虫や水蛭、地竜など、または植物性生薬でも三稜や莪朮、田三七といった強めの活血剤が必要になります。

これらを含んだ商品も、すべて保険適応外のため病院漢方では対応できません

さらに痛みが強ければ延胡索・乳香・没薬を加える、腎虚があれば莬絲子・続断などを加える、気虚があれば人参・黄耆などを加えるというように、その人の体質に応じた調節が必要になります。

つまり、診断は子宮内膜症という同じ病名でもその人の体質によって、必要となる漢方薬はすべて異なるため、それを適切に判断できる知識と経験が必要になります。

子宮内膜症ってどんな病気?

子宮内膜症は、その類似組織が子宮以外の臓器の表面で発育する疾患で、エストロゲンによって増殖・進行する疾患です。

発生部位としては卵巣や直腸など骨盤内がほとんどですが、まれに肺などにも発生することもあります。ちなみに卵巣で子宮内膜が増殖し、剥がれ出血を繰り返すのがチョコレート嚢胞です。

生殖年齢女性のおよそ10%に発生し、近年の女性の晩婚化や少子化に伴って、子宮内膜症の患者は増加傾向にあり、社会的関心も高まってきている疾患です。

早い人では10代から発症し、30〜34歳がピークとなります。エストロゲン依存性のため、閉経により症状は軽快。消失していきます。

子宮内膜症の症状は?

最も見られる症状として、重度の月経痛があり、また出血過多などの月経不順も伴います。また発生する部位によっては排便痛、性交痛などもみられます。

子宮内膜症患者の約50%の方が不妊を合併すると言われ、また不妊患者の25〜50%に子宮内膜症があることがわかっております。

西洋医学的に原因不明不妊とされる方には高確率でこの子宮内膜症が原因ではないかと考えられています。

子宮内膜症の原因は?

卵巣ホルモンのエストロゲンの分泌によって誘発されることはわかっていますが、どうして起こるのかは以下の2説が言われていますがはっきりとは分かっていません。

– 子宮内膜増殖説:月経時の血液が逆流することで子宮内膜組織が骨盤などに付着して増殖するという説
– 体腔上皮化説:腹膜など構成する組織がなんらかの刺激・誘発によって子宮内膜組織に変化してしまうという説

トップへ戻る